すきっ歯を自力で治すことはできますか?

前歯のすきっ歯は、大人になるにつれ、深刻なコンプレックスとなりうる可能性が高いので、できれば、子供のうちに治療をしておくことをおすすめします。

前歯がすきっ歯になる原因には、大きく分けて、3つあります。

まず、乳歯が抜ける際、永久歯が生えてきてるのに、乳歯が抜けず、生え変わりが上手くいかなった場合です。

次に、最近の子供さんに多いパターンになりますが、顎の大きさに比べ歯が小さいために、噛み合わせが悪くなった場合です。

続いて、大人に多い原因ですが、歯周病が進行し、前歯が動いたことにより、すきっ歯となった場合の3つです。

どのパターンも噛み合わせが悪くなりますので、食べ物が上手く噛めず、胃腸を悪くする可能性があり、健康にも大きな被害を及ぼします。

早めに歯科へ行き、適切な治療を開始しましょう。

お薦め歯科医サイト:http://yoshiko-kobata.com/

すきっ歯を自力で治すことは、危険です!

すきっ歯を糸か何かで縛れば、広くなった隙間を狭くすることができるのではないか?安易にこう考えるのは、危険です!

確かに、強い力をもって縛れば、徐々に隙間が狭くなり、元の歯並びに戻すことができるかもしれません。

ですが、それは、自力で治せたのではなく、何らかの事情によって歯が動いただけのことに過ぎないのです。

因みに、歯が動くには、様々な理由があります。

その理由が不明なまま、動くからといって歯を自由に動かしていると、歯が抜けてしまうことにもなり兼ねません。

一生使う大事な歯です。

素人判断はせず、専門的な知識をもった歯科医、審美歯科医などの治療を受けることをおすすめします。